若月圭太のアニメ映画感想ブログ

劇場版アニメ・アニメーション映画の感想を中心としたブログ

ラストの選択を今後の彼らは採り得るのだろうか 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』感想

本作は作品外の事情について言及されることが多く、作品の内容についての話題が埋もれがちです。本記事では作品の評価に話題を絞って語っていきます。

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』感想 カズマさんモテ期入りました(本当)

予告ではギャグっぽく描かれていますし、実際このシーンは勘違いなのですが、原作では本エピソードのめぐみんを皮切りに、3人のヒロイン(ただし、某駄女神は除く。)と次々にフラグを建てていくことになる、ターニングポイントとなるエピソードを映画化し…

『二ノ国』感想 ナーロッパの周りの深い谷に落ちた作品がまた一つ

日本のアニメーション映画において剣と魔法の王道ファンタジーは鬼門といっても良いジャンルで、これまでに多くの作品が公開されては特に話題になることもなく消えていくということを繰り返しています。 本作についても同様の状況に陥りつつあります。どうし…

『ONE PIECE STAMPEDE』感想 活躍したのはこのキャラクター(ネタバレなし)

本記事では『ONE PIECE STAMPEDE』でどのキャラが活躍するかをネタバレなしで紹介しています。映画館に足を運ぶ前に、お目当てのキャラが活躍しているか本記事で確認してはいかがでしょうか。

もしもゲマがループを繰り返していたとしたら 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』感想

原作の『ドラクエV』に思い入れの強い者であるほど、自分だったらこういった展開にするのにとの強い思いを持つことになります。そういった意味において本作のタイトルに『ユア・ストーリー』とつけられているのは絶妙と言えます。

非ポケモン世代のおっさんポケモンを観る 『ミューツーの逆襲 EVOLUTION』感想

ここ数年のポケモン映画はテレビシリーズとはリンクしない親子2世代を対象としたリメイク作品または完全オリジナル作品が続いているわけですが、本作は劇場版第1作の『劇場版ポケットモンスター ミューツーの逆襲』を全編3DCGでリメイクした作品です。

スノーボールを主役に据えるべきだったのでは? 『ペット2』感想

イルミネーション作品については個人的な印象として、ミニオンをはじめとしたキャラクターの魅力とは裏腹に、脚本・構成の完成度がピクサー等と比べてかなり劣る印象がありますが、残念ながら本作でもその印象は覆ることはありませんでした。

英題 Weathering With You の真の意味とは『天気の子』感想

英単語のWeatherには動詞として「(嵐や困難を)乗り越える」という意味があります。つまり Weathering with you とは、「貴方とともに困難を乗り越える」といった意味になります。ここから、本作は主人公とヒロインが何らかの危機を二人で乗り切る話なんだ…

まだ持ち主で消耗してるの?『トイ・ストーリー4』感想

転職先で不遇をかこつかつてのエース社員が昔の恋人にあったことをきっかけに長年の同僚と別れてフリーランスとして独立する。みたいな話だなと。

おっさん今度は『劇場版Free!』を観る『劇場版 Free!-Road to the World-夢』感想

テレビアニメシリーズのファンであっても総集編映画は見ないという人は決して少なくありません。ですが、『Free!』シリーズにおいてそれは危険な行為です。本シリーズはすでに2020年夏に完全新作劇場版が公開されることが決定しています。 もしも貴方がその…

おっさん『劇場版うたプリ』を観る『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』感想

『うたプリ』には関心があるが手をだすのは躊躇している。そんなあなたにこそ本作をおすすめします。

『きみと、波にのれたら』感想 これは喪失の受容の物語ではない

この映画のテーマは喪失の受容ではありません。ではこの作品のテーマは何かと言えば、たとえ苦難にあっても前にすすむ意志を持ち、努力し続けることの大切さ、そして誰もが誰かにとってのヒーローになりえるということです。

『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』感想 あの学校が成長した姿を見せる

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』は60分があっという間の良質な戦車アクション娯楽作品となっており、以下の方にお勧めの作品となっています。 ・ガルパンおじさん ・とにかくドンパチが好きな方

『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』感想 桜島麻衣あるいは牧之原翔子の消失

映画『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』は一言で言えば感動的なストーリーの佳作です。必ずしも非の打ち所がない完璧な作品というわけではありませんが以下に当てはまる方は是非お勧めしたい作品です。 テレビアニメ版が好きな方 いわゆる泣ける映…

その少女は夏休みが明けると女性になっていた「海獣の子供」感想

米津玄師が主題歌を担当していることで話題となった本作は五十嵐大介による同名の漫画を原作とする長編アニメーション作品です。 本作を一言で言えば少女のひと夏の経験と成長を描いたものと言えるのですがとにかく極めて難解な作品であり、誰にでも勧められ…